【大阪編】男性が稼げる仕事とは

大阪の平均年収523万円で、都道府県別にみると第4位。

人口の自然現象や、企業の流出などの問題もありましたが、神戸までを含めた経済圏としてみても世界で第7位にランクインするほどです。
そんな大阪で男性が稼げる仕事はたくさんあります。

今回は、大阪で男性が稼げる仕事を年収別でみていきたいと思います。

大阪で男性が稼げる仕事

 

今回は平成28年度に厚生労働省が発表している『賃金構造基本統計』より、所定外賃金などを含めた年収として算出し、年収帯ごとに職業をご紹介していきます。

 

plant-2577864_1920

年収1000万円超の仕事

 

医師                                                               1487.65万円

大学教授                                                        1097.96万円

 

年収1000万円超の仕事を探すなら医師と大学教授です。

医師になるには医学部に入学してから6年学び、そののち2年間の研修医時代を経る必要があるので、医師として活躍できるのは20代後半~30代前半となります。

また、大学教授も博士号を取った後で、どこかの大学で採用を受け、樹種、講師、助教授とステップアップしていく必要があるため、早くても30代の後半から40代の前半でようやくなることができます。

 

 

年収700万円以上の仕事

 

弁護士                                                            808.88万円

公認会計士、税理士                                       793.94万円

保険外交員                                                     781.15万円

大学講師                                                        710.06万円

一級建築士                                                     704.09万円

自然科学系研究者                                          700.83万円

 

やはり資格の力は強く弁護士・公認会計士・税理士・一級建築士もこのあたりにランクインしています。

自然研究科学者になるためにも研究を続けてきた学歴が必要ですし、それは大学講師も同様です。

保険外交員はなるために特別な資格などはいりませんが、入社後に研修を受けて試験に合格後、国に登録されてから働き始めることができます。

学歴などがあまり問われない分反面、実力主義の世界ですので本人の才能が問われます。

 

 

年収600万円~700万円の仕事

 

高等学校教員                                                 696.69万円

玉掛け作業員                                                 670.12万円

各種学校・専修学校教員                                 637.01万円

技術士                                                            619.55万円

 

大阪のデータで年収帯を見てみると、高校教員や各種学校・専修学校教員など教育関連が二つ入っています。

玉掛作業員とは、工事現場などで重量のある建材などをクレーンなどで運ぶ時、荷を縛ったりほどいたりする仕事です。

また技術士は、技術系の最高資格です。

様々な分野の技術士がいますが、独占業務はありません。

ただし、技術士を名乗り、コンサルタントなどを行うことができるのでそこは有利に働きます。

 

 

年収550万円~600万円の仕事

 

システム・エンジニア                                   585.18万円

金属・建築塗装工                                            575.48万円

電気工                                                            560.47万円

 

SEや、塗装工、電気工がランクイン。

SEになるためには、開発会社に入る必要があります。

一般にIT関係が思い浮かびますが、ウェブ・組み込み・アプリケーションなどエンジニアの種類はいくつか存在します。

金属・建築塗装工は、塗装を施すものが様々なので、それに合わせて塗装の方法を変えていかなければならないため、職人の腕が必要になってきます。

電気工になるには、就職前に第二種電気工事士の資格を取得しておいたほうが良いでしょう。

工事するためには資格が当然いるため、就職そのものにも有利になります。

取得には150時間程度の学習時間があればよいとされているので、それほど難しい試験ではありません。

 

 

年収500万円~550万円の仕事

 

フライス盤工                                                 548.18万円

自動車外交販売員                                          536.64万円

圧延伸張工                                                     534.01万円

看護師                                                            522.42万円

重電機器組立工                                              521.94万円

機械検査工                                                     520.47万円

営業用大型貨物自動車運転者                          514.19万円

クレーン運転工                                              511.6万円

とび工                                                            509.28万円

機械製図工                                                     507.97万円

 

工場系の仕事や、現場関係の仕事の中に、看護師や自動車外交販売員のしごとが あります。

自動車外交販売員は、ショールームで車を販売するほか、外回りをして個人や企業に足を運び車を売る仕事です。やはり営業の仕事ですので向き不向きがあります。

向いていれば、営業職は1年目からでも高収入を狙える仕事でもあります。

また看護師も医師と同様、これから需要の増える仕事と言えます。更なる高齢化に日本が突入していくため、医療を必要とする人口が増えていくからです。

ちなみに年収500万円以上の就労者は、全体の約3割程度です。

 

 

年収450万円~500万円の仕事

 

機械修理工                                                     495.37万円

合成樹脂製品成形工                                        490.52万円

溶接工                                                            489.81万円

大工                                                               482.56万円

自家用貨物自動車運転者                                 475.66万円

介護支援専門員(ケアマネージャー)             470.2万円

港湾荷役作業員                                              466.83万円

機械組立工                                                     465.27万円

自動車整備工                                                 464.07万円

鉄工                                                               462.29万円

板金工                                                            458.69万円

百貨店店員                                                     456.72万円

配管工                                                            455.13万円

旋盤工                                                            454.91万円

一般化学工                                                     454.6万円

 

もう少し、幅を広げて職業を見てみると、次のようなものが合います。

日本の平均年収は430万円程度なので、この辺りも全国的にみれば平均的に稼げている職種と言えます。

 

 

まとめ

 

【大阪編】男性が稼げる仕事とは、ということで見てきました。

今回は紹介する職業の数を広げ、その職業と平均年収を広くご紹介しました。

大阪では、どのような職業がどれくらいの年収なのかが見渡せると思います。

地域性もあるため、同じ職業でも東京は名古屋では年収が大きく違ったりもしますので、あくまで大阪で就職する場合ととらえてください。

本記事が読者の参考になれば幸いです。

notepad-691250_1920

合わせて読むべき記事

navigation-1048294_1920 (1)

【東京編】高卒でも稼げる!男性におすすめの仕事ランキング

高卒でも稼げる仕事ランキング 東京編 第1位 弁護士  年収1147万円   高卒で最も稼…

traffic-lights-in-pragues-narrowest-street-picjumbo-com (1)

未経験から稼げる仕事が大阪にこんなにあるなんて

製薬会社のMR 製薬業は江戸時代の頃の商業が盛んとなってきた頃より大きく発展をし始めた商業となります…

luxury-silver-pen-with-a-business-diary-picjumbo-com (2)

大阪には高卒でも稼げる仕事があった!今からでも遅くない、稼ぐ男になれる5つのポイントを紹介

大阪という街を深く理解する 大阪以外の地域では、学歴というものが大きな意味を持っているケースが非常に…

business-1989131_1920

男性が大阪での仕事で稼げるようになるための準備

大阪で儲かる仕事   まずは大阪で儲かる仕事にはどのようなものがあるかを見ていきたいと思い…

publicdomainq-0012743cgp

【男性必見】大阪で見つかる高収入の仕事一覧!仕事探しのコツとは?

  【大阪編】高収入のお仕事一覧   大阪で高収入の仕事を一覧にしてまとめました…

home-office-336378_1920

大阪で稼げる仕事は? 男性編

  かつては稼げた電機関連 モノづくりの空洞化   2008年以降、大阪ではモノ…

87d8bd81bfa67be6197ef62a1778a82f_s

大阪で稼げる職種に就くために必要な能力って?

大阪で稼げる職種   大阪で稼げる職業には以下のようなものがあります。 「賃金構造基本統計…

otoko-kousyuunyuu

【男性必見】東京で見つかる高収入の仕事一覧!仕事探しのコツとは?

    【東京編】高収入の仕事一覧   それでは東京ではどのような仕事…

pexels-photo-262470

【男性向け】東京で稼げる未経験OKのお仕事

保険外交員                                    平均年収641.6…

black-modern-minimalistic-desk-picjumbo-com (1)

【大阪編】たくさん稼げる!男性向けの高収入な仕事一覧

【大阪】高収入男性向け職業一覧 大阪府で高収入な仕事にはどのようなものがあるでしょうか。 平成26年…