【国内・海外編】年収1,000万以上の生活

年収1000万円は日本では間違いなく高年収です。

年収1000万円もらっている人の割合は全体の3~5%ほどであり、100人のうち3~5人くらいなります。
これを多いとみるか少ないとみるかは意見の分かれるところですが、起業して成功しなくてもサラリーマンのままで十分に実現可能な額でもあります。
ここで疑問がわきます。

年収1000万円の人たちはどのような生活をしているのでしょうか。
数パーセントの一握りの人たちなので、さぞ、いい生活をしているのではないかと想像するかもしれません。
国内外で比較しながら、その実態を見ていくことにしましょう。

日本で年収1000万円の生活

macbook-laptop-in-cafe-picjumbo-com (1)

日本で年収1000万円の生活をしている人はどのような仕事に就いているのでしょうか。

報酬の高い仕事は、責任の重い仕事、高い専門知識とスキルが必要な仕事などです。

医師・弁護士・公認会計士などの国家三大資格と言われる師士業、それから航空機操縦士など。

一流企業に勤めていれば、特に役職がつかなくても年収1000万円を超えることがあります。

大手企業なら中間管理職、中小企業ならば役員クラスになると年収は大体1000万円を超えてきます。

先生と呼ばれる職業や、エリートサラリーマン、企業のお偉いさんと呼ばれる人になれば年収1000万円をもらっていることも多いですが、それだけの年収だといったいどの程度の生活になってくるのでしょうか。

 

 

年収1000万円の手取り

 

まずは手取りを考えていきます。

年収1000万円といっても、それをそのまま自由に使えるわけではないことを給与所得者ならば誰しも知っていることです。

税金や保険料などは、その人の今の条件で変わってきてしまうので、一概には言えません。

よって、大体の額を見るならば、年収1000万円のてどりは750万円ほどになってきます。

手取りを計算したかったら、年収に0.8掛けをすればいいとはよく言われますが、年収が1000万を超えるとそれも若干通用しなくなってきます。

 

年収500万円との比較

 

日本で概ね中流と言われる年収500万円と比較してみましょう。

年収のボリュームゾーンは大体300万円台なのですが、配偶者にパートにでてもらうなどして世帯所得は400~500万円ほどになるケースが多いようです。

この辺りが日本の中流と言えそうです。

年収500万円の手取りは400万円。

年収1000万円の手取りは750万円なので、それよりさらに350万円ほど自由につかえるお金があることになります。

1年間で、自由に使えるお金が350万円も増えるならかなり良い暮らしができそうです。

しかし、それも使い方で変わってきます。

 

 

お金は使い方ですっとなくなる

 

例えば、家賃が10万円高い物件に引っ越して、子供ふたりを私立の学校に通わせるとします。

すると、家賃は年間120万円増。私立の学校は一人年間100万円程度かかるところも珍しくないので、二人合わせて200万円。

すると、すっと320万円が消えてしまいます。

住居と子供の通っている学校以外は、年収500万円の家庭と生活は変わらないことになります。

まだまだお金を使いたいところはいくらでもあります。際限がなくなってしまうのですが、服装や、車、装飾品などもいいものに変えたいところですが、それは無理そうです。

どこにお金を使うかということは、日本では年収1000万円でもよく考えなくてはなりません。

 

 

海外の場合はどうか?

 

では、海外の場合はどうでしょうか。

物価の安い国ならば、同じ年収1000万円でももっといい暮らしができそうです。

ただし、物価は国内でも違いがあります。

シリコンバレーに住む年収2000万円の日本人は、年収1000万円で日本に住んでいた時のほうが生活が楽だったと言っているようです。

(参考:http://blog.esuteru.com/archives/20007072.html

 

家賃は35万でも周囲からは安いといわれ、さらに日本にあるチェーン店の回転ずしで食事をしても家族4人で10000円。昼食はランチが2500円と、かなりの高い印象があります。

また保険や医療費が高いこともよく知られています。

もっともシリコンバレーは毎日新しいベンチャーが生まれる、ビジネスの中心地でもあります。

アメリカの物価は、大体日本の7~8割というデータもあるため一部地域を参考にして、国全体の物価が高いと判断するには少々早計と言えます。

日本は世界的に見ても物価の高い国です。

同じように北米地域も物価は高いですが、アメリカは先ほど説明した通り日本の物価の7~8割です。

ですが、医療費・保険などを考えるとやはり生活はそれほど変わらないか、苦しくなってくることが分かります。

 

また、カナダは日本と同じくらい物価の高い国なので、生活的にはあまり変わらないでしょう。

ただし、日本と違い永住権を取れば高校までの学費は無料で、医療費も無料となっています。

 

それ以外ではアジアの国々が、物価が安くて暮らしやすそうです。

マレーシア、タイ、フィリピンなどはセカンドライフをのんびり過ごすためにリタイアした日本人が移住先として選んでいたりもします。

物価が安ければ同じ1000万円でももっと豊かに暮らせます。

タイを例にとるなら、月収20万円でも、プール付きのコンドミニアムでお手伝いさんを雇って生活できると言われています。

年収1000万円なら、月に60万円以上使うことができますので、かなり贅沢な生活ができそうです。

もっとも、物価の安い国は治安に問題があったり、医療水準が低かったりする場合もあるので、なかなか一概には言えないかもしれません。

 

 

まとめ

 

【国内・海外編】年収1,000万以上の生活、と言うことで見てきました。

国内では年収1000万円は経済的には比較的恵まれていますが、まだ全てを一流にするだけの年収には届きませんので、お金の使い方を考える必要があります。

海外では、かなり贅沢な暮らしができそうですが、治安や医療まで込みで見れば、日本のほうが安心できる部分もあるので、一概にはなかなか言えない部分があります。

本記事が読者の参考になれば幸いです。

合わせて読むべき記事

AdobeStock_64617196

意外と苦しいって本当?年収1000万円以上の生活の実態とは

年収1000万円の生活を考える   生活を考えるときにまず念頭に置かなくてはいけないのは可…

write-593333_1920 (1)

未経験の男性が大阪で稼げる仕事ベスト10

業界未経験の男性が大阪で稼げる仕事ベスト10 第1位 弁護士                    …

ipad-home-button-detail-picjumbo-com

年収1,000万以上の生活を手に入れるコツ

そもそもあなたの年収はいくら? 年収1000万円以上の生活を手に入れるというゴールを設定したとき、次…

29545cb16d836240304199a00ae64286_s

年収500万以上の人の生活と年収500万以下の人の生活の違い

年収500万円の壁   年収500万円というのは一つの壁になります。 平均年収としては30…

0da314e13c4114e3baffc10a7ac3a8dd_t

年収1,000万以上の仕事に就きたい男性必見!身に付けておくべきビジネスマナー

  年収1,000万円以上の仕事で必要なマナーを考える   様々な統計を見ると年…

publicdomainq-0020186gnx

年収1000万以上稼ぐにはどんな資格や特技を持っておくべきなの?

年収1000万円以上稼げる仕事をみる 年収1000万円稼ぐために必要なスキルや資格を知りたければ、ま…

business-2297833_1920 (2)

年収500万以上稼ぐには絶対に外すことができない条件

年収500万円以上を達成するための条件 年収500万円以上を達成するためには、どうしたらいいでしょう…

mojito-with-a-laptop-picjumbo-com (1)

年収1,000万以上の生活の実態って?実際どのくらのレベルの生活が送れるのか!?

手取りはどれくらいになる? 可処分所得という言葉をご存知でしょうか。 一般的には手取りと言われている…

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

年収1,000万以上の仕事の人気ランキング

    年収1000万円以上が望める、人気の仕事ランキング   1.金…

a6d764716c71d94030951648ae611459_t

仕事を探している男性必見!高収入を狙える職種とは?【大阪版】

    大阪で高収入を狙える仕事   同じ仕事をしたとしても、働いてい…