「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか

年収1,000万円は、一つの大台と言えます。

日本の平均年収は男性に限れば約500万円程度と言われており、その倍を稼いでいることになります。
給与所得者に占める1,000万円プレイヤーの割合は例年3~5%。

100人中3人から5人と言えば結構いるように見えますが、実際はどうなのでしょうか。

あるデータからは、年収1,000万円の登録者は社員100人くらいの中小企業の経営者か役員が多いとのことです。
また一方で、大企業では平均年収1,000万円を超えているところもありますが、それは上場企業の中でも一部です。

つまり、年収1,000万円の生活をしているのは、部下を何十人も持っている中小企業役員か、一流企業に就職できたエリートサラリーマンと言えそうです。

年収1,000万円の生活

 

それでは年収1,000万円の生活を見ていきましょう。

中小企業の役員や、エリートサラリーマンの生活なので、さぞかし華やかで贅沢かと思う人も多いかもしれません。

しかし、実際はどうなのでしょうか。

 

 

どれくらいのお金を自由に使えるのか

 

まず、生活の実態を把握する上で大切なのはどれくらいのお金を自由に使えるのか、ということです。

自由に使えるお金のことを「可処分所得」と言いますが、聞きなれた言葉に言い換えると「手取り」です。

手取りの額は状況によって異なってきます。

自分が雇用者か、経営者か、扶養家族はいるか、などを含めて細かい計算がいくつかありますが、ざっくり計算するならば、年収に0.8掛けをすることが多いです。

ただ、年収1,000万円まで行くと少し様子が変わってきます。

結婚して子供が二人いる男性の一例として、手取りは730万円ほどになります。

独身の場合はもっと税金は高くなり、大体700万円~740万円ほどが実際の手取りになります。

個人の状況はさまざまですので、今回は年収1,000万円の生活を手取り700万円で、その生活を見ていきたいと思います。

 

 

生活実態

653a11825b09240a0504a431f26dc061_s

手取りが年間700万円だと毎月使えるおかねは60万円弱になります。

毎月これだけ使えるならば、日本で生活していく上ではお金に困ることはまずありません。

成人が普通に一人暮らしをするのに月15万円と言われていますが、その4倍の額を自由に使えるからです。

参考:https://xn--68j8axdn0370d2i2c.com/post-1121/

 

ただ、すべてを一流にできるかというと、それは難しいかもしれません。

ここで年収500万円世帯と比較してみましょう。

年収500万円だと、手取りは400万円です。

年収1,000万円の世帯の手取りは700万円なので、一年で使えるお金の差は300万円となるのですが、家賃を10万円あげると年間120万円、こどもを一人私立小学校に通わせると公立に通わせるのと比較して、やはり+100万円。

これで残り80万円となり、二人目の子供を私立に入れるのは難しくなってきます。

住居と子供一人が私立に行っているという以外の生活は年収500万円の世帯とそれほどかわらないことになります。

もっとも、お金をかけるところ次第で、生活も変わってきます。

住居を比較的良いものにしても、全員公立に通わせるならそれぞれ習い事をさせながらでも子供3人を余裕で育てられます。

外食もよい店に月に何回かいけますし、家族で年に何回か行くこともできます。高級車も乗ることができます。

 

 

意外に出費がかさむ?

 

はっきり言ってしまえば、生活費がどれくらいかかるかはその人や家族の習慣によります。

あまり贅沢を好まないなら平均的な年収の家庭でも、貯金がガンガンたまります。

ただ、年収1,000万円世帯について面白いデータがあります。

この年収帯の家庭の3割は、定期的にカードローンを使用しているそうです。

つまり、毎月の生活費に困っているということです。

また、同じ年収の世帯の1割は貯蓄額が0円とのデータもあります。

確かに付き合いがあるので、普通の家庭では考えられないところで出費もあるでしょう。

先に示したように年収1,000万円プレイヤーは、一流企業のサラリーマンか、中小企業の役員などに多いので付き合いで出費がかさむケースも出てくるでしょう。

 

 

本当のお金持ちは年収3000万円から?

 

本当のお金持ちは年収3000万円からという説もあります。

手取りは1800万円程度となっており、年収の約4割が税金、その他でとられます。

ここまでの年収になると、賃貸やマンションなどで生活する人は少なく、郊外に一戸建てを構える人が多いようです。

全ての生活を一流にするだけのお金がありますので、豪邸を立てて、子供を私立に通わせ、高級車にのっても、まだお金は十分に余ります。

ただ、仕事が忙しいため、あまり家には帰ってこれず、食事も付き合いで済ませます。

責任の重い仕事でストレスが多いため、喫煙者の割合が多いのも特徴です。

現役時代が忙しいためか、リタイア後はゆっくりしたいと考え、年間700万円ほどの貯蓄をする人もいるようで、堅実な考え方をする人が多いそうです。

 

 

まとめ

 

以上、「年収1,000万以上」ではどんな生活になるのか、ということで見てきました。

年収1000万円以上の生活について、大体のイメージはつかめたでしょうか。

ただし、お金をかける場所や、かけ方には個人差があります。

年収1,000万円じゃ足りない人もいれば、十分すぎる人もいるのです。

本記事が読者の参考になれば、幸いです。

合わせて読むべき記事

network-1987209_1920

業界別30代の営業職の平均年収は?

30代営業職の業界別平均収入 営業職は他の職種に比べると求人の多い職種です。技術職や他の専門職に比べ…

skyscraper-2561415_1920

年収1,000万以上の仕事の種類と仕事を成功させるコツ

平均年収が1,000万円以上の仕事 それでは平均年収が1,000万円を超えると言われる職業を見ていき…

entrepreneur-593378_1280

年収600万以上の仕事とは

とにかく画一的な業務ではない 担当する人が変わっても提供するサービス自体が変わらないスーパーのレジや…

business-988179_1920

大卒ならがっつり稼げる仕事につこう!正社員なら年収〇〇円も可能!

大学生は、新卒採用の重要性を重要視すべき 新卒採用の是非について意見を言う前に、まず日本では新卒採用…

using-iphone-6-on-business-meeting-picjumbo-com

高卒でも東京で稼げる仕事に就くには?今から始めるべき稼げる男になるための大事なポイント

高卒でも、東京で成り上がる事は出来る 高卒と大卒で生涯年収が大きく異なるというのは、仕事に就いた時の…

tablet-2188369_1920

【職種別】年収1000万以上稼ぐにはどうすれば良い?

サラリーマンの場合 もっとも多いのが大学を卒業して、企業に就職するサラリーマンでしょう。 しかし、入…

work-and-travel-hotel-room-office-picjumbo-com

比較的簡単にとれて給料がいい資格って何? 

そこそこ難しくはあるが、独立・副業も出来る行政書士 法律系資格は数多くあり、司法試験・司法書士試験か…

cf4eb4f1668a9e0a8243d5e8f056a09e_s

日本人の平均年収よりやや上?年収500万以上の生活とは

年収500万円に到達できる時期   年収500万円以上もらっているのは、全労働者のうちの約…

thought-2123971_1920

年収1,000万以上稼げる方法はこれ!

すでに整備されている道を歩く 車輪の再開発、という言葉をご存知でしょうか。 車輪は長い年月の間、様々…

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_s

年収1,000以上稼ぐには何ができる?稼ぐ人の特徴と人生を変える方法

稼ぐ人の特徴 能力やスキルをいきなり向上させることはできません。 よっぽどの天才か、もともとの素養が…